この記事はセフレの作り方について完全版としてお届けしています。ワンナイトで終わって関係を継続出来ない方にも参考になると思います。

目次
  1. そもそもセフレとは?
  2. セフレが欲しいと思う女性も多い

そもそもセフレとは?

説明不要と思います。が、簡単に説明していこうと思います。

~セフレとは~

セックスフレンドの略称で、『セックス(性行為)を目的として、セックスだけを楽しむ仲(フレンド)』の関係をセフレと呼びます。

実際の所、セフレは彼氏・彼女を作るより難しいと思います。

恋人を作る時は、様々な要素の中で惹かれた部分があればカップルとして成立しやすいですが、セフレとなると容姿も重要になってきます。

セフレを作る時に重要視される部分

  • ルックスが良い
  • 相性が良い
  • セックスをする流れ
  • コミュニケーション

セックスをする関係だけだから、セックス以外は不要なんじゃないか?と思います。

が、女性がセフレとして関係を許す相手は『自分への対応』が意外と重要視している傾向が強いです。

もちろん、セフレとしてキープしたいならセックステクニックや一連の流れも重要ですが女性は『女』として見られたい願望が男性よりも強いです

そのため、セックス前後の態度次第で『一度切り』か『継続』するか変わってきます。

コミュニケーションが苦手だという人は、出会う前にしっかりその事を伝えないと相手に悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

セフレという言葉を嫌うが関係を持った事がある女性は多い

実際に『セフレ関係ではない!』と表向きは否定する女性がほとんどです。(セフレという単語自体使わずに表現する人が多い)

しかし実際にセフレ関係を持った経験がある女性は、オブラートに包みつつもそういった行為があったと話をしてきますし
あまり嫌がる素振りを見せようとしません。

自分の口から喋る人は、そういった関係を『否定して欲しい』か『自慢したい』人のどちらかがほとんどです。

実際身近にいた知り合いの女性はかなりのビッチでした。

  • 付き合った人数よりヤッタ人数の方が多い
  • 来るもの拒まず
  • でもキスだけは絶対にしない(だって好きじゃないから)
  • 彼氏に浮気されても何とも思わない
  • 彼氏は何人いても別に良い

そもそもセックスをしてしまったということは、相手の男に対して『好きではないけど嫌いではない』という感情を持っているからではないかと思います

つまり友達以上恋人未満といった所です。

自分の経験上、このような両極端なタイプが『セフレになりやすい』のではないかと思います。