私がセフレサイトで師匠と知り合ってから2年以上が経過しました

私がセフレサイトで師匠と出会ってから、もう2年が経過しました。「師匠ってなんの?」と思うかもしれませんが、出会った場所が場所だけあって、すぐに『セックスの師匠』だと分かる人も多いでしょう。

師匠は30代前半の女性で、美人なだけでなく床上手です。これまでいろんな男性から絞り取ってきただけあってテクニックはすごく、出会った当時の『性欲だけは旺盛で女性をいかせることもできなかった私』は、いろんな面で翻弄されてしまいました…。

なお、私がセフレサイトでそういう相手を探していた動機は「セックスを上達させてくれて、彼女が見つかって上手くいったらあっさり別れてくれる人が欲しい!」というものでして、師匠はまさに理想的なお相手だったのです。

当時の私はとても必死でして、セフレサイトでもとある女性にお願いしていたら、「よし、それじゃあ私が師匠になってあげよう!」と言ってくれまして、こうして師匠というあだ名が定着しました。

こうした快諾からも分かるように、師匠はとても快活な性格でして、セックス抜きにしてもステキな女性だと思います。とはいえ、まだまだ結婚の予定はないらしく、「今はたくさんセックスしたいだけかなー」と話しており、そういう考え方も私にはありがたかったです。

私がセフレサイトで師匠と知り合ってから2年以上が経過しました

そして初めて師匠と会い、ラブホテルでセックスした感想なのですが…このときは本当に絞られる一方という感じで、私ががっつくと「そんなんじゃダメダメ!」とたしなめられました。性欲に任せた男らしいセックスは、女性を満足させられないのですね。

ただ、師匠は「キミのは大きくて形もいいし、使い方を考えれば、絶対に彼女も喜ぶよ!」とも褒めてくれて、私もモチベーションがアップしました。それからは私も我慢したり、先に相手の体をしっかり触ったり、とにかく女性を満足させるように努力したのです。

その甲斐あって、私は2年間で精力もテクニックもアップし、師匠もちゃんと満足するようになりました。ただ、師匠と今も会っているように彼女は見つかっておらず、このテクニックは今のところ師匠以外の相手には試せずじまいですね…。

また、師匠も「キミとのセックス、本当に最高…」と言っており、私を手放すつもりはないのか、最近は恋人みたいに甘えてくることもあります。2年間もセフレとして付き合っていたら多少の情もあるのか、ときどきプレゼントとかしてくれるのですが、そのときにもついドキッとしてしまいますね。

師匠はあくまでも師匠…ですが、これから関係がどう変化するか、それは私にも分からないです。