セフレとラブホ代を割り勘にする男性の心理

セフレとラブホ代を割り勘にする男性の心理 セフレ体験談

セフレ掲示板では男女は対等な関係とはいえラブホ代を支払うのは男性というのが暗黙のルールになっています。
ラブホ代を支払ったとしても風俗を利用する料金や恋人と付き合う交際費を考えると男性にとってもお得です。
それなのにセフレとラブホ代を割り勘にする男性が存在しています。

ではセフレとラブホ代を割り勘にする男性の心理について紹介します。

まず割り勘にする男性は「女性に奢る必要はない」と考えています。
男性の言い分としては女性も社会進出をして男女平等なんだから同じぐらい給与をもらっているから割り勘にするのは当然。
ですがこれはかなり自分に都合よく物事を見ていると言えるでしょう。

確かに女性も社会進出をしていて男女平等だと謳っていますが現実は違いますよね。
男性は正社員として採用される率が高いのに対して同じ能力があったとしても女性の方は非正規社員として採用される率が高くなっています。
給与面や昇給面で確実に差がある事を無視した考え方だと言えるでしょう。

それに仮に同じ金額の給与をもらっている場合でも女性の方がメイクや服など美容代がいろいろとかかります。
女性がキレイになるためにお金をかけている訳ですからラブホ代ぐらいは男性が払って欲しいと思うのが女性の本音だと言えます。

他にも割り勘を求める男性は「セフレは対等な関係で依存して欲しくない」と思っています。
確かに高額な食事を平気で奢らせる女性や男性が奢って当然と思っている女性は問題があるかもしれません。
ですがラブホ代を割り勘にすると確実に女性からケチだと思われてしまう男としての評価が下がる事は間違いありません。

では割り勘を希望する男性に対して全額支払ってもらうためには女性はどうすればいいのでしょうか?
まず確実なのは「経済的に余裕がある男性が好き」と最初に相手に伝えておくべきです。
そう言われてしまうと男性は割り勘を言い出しにくくなってしまいます。

それに割り勘が嫌なら全額支払ってくれる男性を女性は選べばいいのです。
男性の方も割り勘だとなかなかセフレが作れない事実にそのうち気づくはずです。
そうなるとセックスをするためにはラブホ代ぐらいは男性が支払うべきだという考え方に徐々に変わってくるでしょう。

あとは男性から誘われた時に「ごめん、給料日前で金欠だから今週は会えない」と断ってみて下さい。

セフレとラブホ代を割り勘にする男性の心理

そうすれば男性はイチからセフレを作るのは面倒ですしやりたいという気持ちの方が強いので「だったら自分がラブホ代を払うから会おう」と誘ってくるはずです。
そう誘ってしまえば割り勘される心配はないはずです。

そして女性は奢ってもらって当たり前という態度をとらない事が重要です。
ラブホ代を出してもらった時はちゃんと感謝する事が大切です。
感謝されると男性もちょっといい気分になるので次もラブホ代を払ってあげようと思うはずです。