セフレ募集していた人妻はなかなかの曲者だった

セフレ募集していた人妻はなかなかの曲者だった

私のセフレであるA(仮名)は人妻で、もちろん夫には内緒で遊んでいたのですが…この人がなかなかの曲者でして、私以外にも2人のセフレをキープしており、「そのうち、乱交とかやってみたいなー」なんて普通に話していました。

しかも、Aが曲者だと言える点は、これだけではありません。実はAの夫も浮気をしたことがありまして、Aはそれを責めて主導権を握っているのですが…夫が浮気する以前からAはセフレを作っていたらしく、本当なら責められる立場ではありませんでした。

それについてAは「旦那はバレたから責められて当然だけど、バレないように遊んでいるなら誰にも分からないし、不快にもしていないからOK!」とコメントしており、「女の人って、本当に怖い…」と思いましたね。

それでもAとセフレ関係を続けているのは、とてもセックスが気持ちいいからですね。私は性欲こそかなり強いのですが、Aみたいなすさまじいテクニックとかはないので、セックスするときはほとんどされるがままでした。

セフレ募集していたときも「私は攻めるの好きだから、何回でもできるならそれでいいよ!」と話しており、なんともストレートな物言いの女性でした。ただ、それで不快にされたことはなく、Aはそういう微妙な男心の掌握が上手いのかもしれません。

ちなみにセフレ募集掲示板では会う前に写メを交換しましたが、Aはまだ20代だけあってキレイで、夫が浮気する理由が分かりませんでした。もちろん、他人の家庭環境に口出しするのは野暮ですし、Aの機嫌は損ねたくなかったから、なにも言いませんでしたが…。

先ほども書いたように、Aは夫の浮気を突き止めていたため、Aが遊んでいても強く出ることができません。こうしたこともAの男遊びを加速させており、好きなタイミングでセフレ募集をしてそしてセックスを満喫できていました。

そんなAの得意なプレイは、フェラチオです。一度くわえるとすっぽんみたいに吸いついてきて、こちらが射精してもそのまま飲みきることができるから、口だけで1回抜かれてしまうのが普通でした。

Aは「こうやって1回出しておけば、次は長持ちするでしょ?」なんて話しており、Aとセックスするなら2回以上できることが必須条件でした。私はその点大丈夫ですが、生半可な性欲でAと会った場合、大変なことになるでしょうね…。

とにかく曲者で性豪なAですが、セフレとして仲良くするには魅力的な人でして、私もまだまだ関係を続けると思います。