久しぶりの独身気分を味わうためにセフレ掲示板を使いました

妻が子供と一緒に実家へ帰ったことで、私も久しぶりの独身気分を味わうことができました。こんなことを書いていますが、妻との仲はむしろ良好でして、実家に帰るときも私にずっと謝っていましたよ。まあ、法要のために帰郷するので、責める理由なんてないですけどね。

ちなみに子供もまだ小さいということで、妻と一緒に行くことになりました。仮に子供が残るならちゃんと面倒を見るし、独身気分なんて言うつもりはありませんが…やはり男1人になればいろいろと気楽で、帰郷した初日はいきなり深夜まで飲み歩きましたよ。

妻がいるときはもちろんできないことですし、こう見えて家族がいるときは家族を最優先にしているから、とくに疑われることもありません。で、私が1番してみたかったことが、『女遊び』でした。

結婚するまではちょくちょくセックス相手を作ってまして、フリーセックスを満喫していたのです。もちろん結婚する際にセフレとは関係も解消したし、結婚後は妻だけを抱いてきましたし、妻の体に飽きているなんてこともありません。

ちなみに妻のアソコは産後にもっと具合が良くなり、むしろ新婚の頃よりも回数は増えていたと思います。それなのになぜ女遊びをしたくなったのかと言うと、「普段から散々抱いていた相手がいなくなって、性欲も行き場もないから女遊びをしよう!」と考えたからですね。

我ながら猿みたいな性欲ですが、やはりこうした欲求には勝てず、短期間の独身生活を利用してセフレ掲示板を使いました。何度も言うようですが、普段はこういうサイトを使うことはなく、結婚後は本当に初めての利用でしたよ。

とはいえ、セフレ掲示板にはムラムラとした女性も普通に多いため、とくに労せず相手は見つかります。私もすぐに20代前半の女性を引っかけることができまして、「妻より若い子とやれるなんて、独身生活さまさまだなぁ!」なんて思ってしまいました。

久しぶりの独身気分を味わうためにセフレ掲示板を使いました

そしてセフレ掲示板で引っかけた女性とのセックスですが、妻とは違った気持ちよさがあってスッキリできましたね。妻のふんわりと絡みつくアソコも絶品ですが、若い子のキツキツな穴は精液を絞り取るかのような器官となっており、たっぷりと射精できました。

今は妻も家に戻ってきたので、掲示板も使わないようにしています。妻も子供も私を疑うようなことはなく、「1人にしてごめんね?今日は仲良くしようね!」と帰ってきた日に誘われまして、セフレとの違いを確かめる意味でも、妻を激しく求めました。