セフレアプリで出会ってカーセックスをしてみたい

恋人同士ではなかなか出来ないプレイでもセフレであれば可能です。
例えばカーセックスをしてみたいという願望がある人もいるかもしれません。
そんな場合はセフレアプリで「カーセックスがしたいという人はいませんか?」とカキコミしましょう。

カーセックスが出来る相手はある程度限定されます。
なぜかというと車を所有している必要があるからです。
最近は若者の車離れが顕著なので独身で車を所有している人は少ないと言えます。

家庭がある人であれば子供がいるとマイカーがあった方が便利なので所有率は上がります。
ですがそうなると今度は不倫がOKかどうかという趣旨が新たに加わります。
さらに車を所有していてもカーセックスでシートが汚れるのが嫌という人や狭い場所でセックスしなくてもベッドでしたいという人も少なくありません。

セフレアプリで出会ってカーセックスをしてみたい

なので性に奔放な人があつまるセフレアプリであっても意外とカーセックスの相手を探すのは難しいと言えます。
では無事にセフレアプリを利用してカーセックスの相手を見つけたとしましょう。
次はカーセックスについての注意点について紹介します。

カーセックスはなるべく音を立てずにしたとしても周囲からカーセックスをしている事がバレバレの状態です。
なぜかというと車体が揺れるのと熱気で窓ガラスが曇ってしまうからです。
そのため車を駐車する場所に気を付ける必要があります。

そしてもし人に見つかってしまったらどうなるかというと、かなりリスクが高いと言えます。
最近は簡単にスマホで動画を撮る事が出来ます。
カーセックスに集中していて見られている事に気づかずに車の窓から動画を撮られる可能性があります。

人気がない場所を選んでいるつもりでも、考える事はみんな一緒で人気がないからこそカーセックスの聖地となっている可能性があります。そしてこの手の聖地には必ず盗撮マニアが集まります。盗撮されてネットに動画が流出してしまったらシャレになりません。

また人によってはカーセックスしている人を見つけたら警察に通報する人も少なくありません。
いくら車内でセックスをしているとは言え、室内とは言えません。
屋外でセックスをしているのと同じ意味なのでわいせつ罪に該当します。

さすがに警察に通報されても逮捕という流れにはなりません。
ですが市民から通報されたら警察も何もしないという訳にはいきません。そのため厳重注意を行っています。

あと真夏日にカーセックスをすると車内はかなり温度が上昇してしまいます。
なんとカーセックスの最中に熱中症になってしまい病院へ搬送された人もいるようです。
このようにカーセックスに伴うリスクは色々あるので、リスク対策をしっかり行ってから楽しむようにして下さい。