n-star h-star star

とあるきっかけにより割り切り相手とスローセックスをしてみた

 

『正しいオナニーの方法』っていうのは、予想以上に大切ですよね?

最近はマニアックなオナニーも結構流行ってまして、つい一時の快楽に負けて何度もしちゃうのですが…スローセックス

マニアックなオナニーに慣れると「普通のセックスじゃ全然いけない…」と感じてしまい、今後の性生活に大きな悪影響があります。

 

私も昔はハードグリップオナニーにハマってまして、直すのに苦労しました。

ペニスを強めに握ると快感もすごいのですが、これに慣れると膣内の刺激では全然足りなくなるため、危険なオナニー方法の一つです。

 

だから、正しいオナニーの方法として『スローオナニー』を心がけました。

これの方法は簡単で、『優しくペニスを握り、しごく速度もゆっくり』という感じです。

これは最初こそ刺激が物足りない…のですが、何度もしていると「徐々に精子が上ってくる感じがたまらない…」と感じ、ゆったりとした射精に身も心も癒やされるでしょう。

 

こうしたスローオナニーにハマった私は、セックスの方法についても見直したのです。

私はいつも割り切り相手とセックスしていたのですが、

この子が激しいピストンでも文句を言わないため、いつもガンガン腰を振ってました。

 

これは結構気持ち良い…のですが、スローオナニーのような『精子が溢れてきてじんわり広がるような快楽』ではなく、

『急激に絶頂して余韻のない快楽』なのですね。

 

だから「セックスでもあのじんわりとした快楽が欲しい!」と思った私は、

割り切り相手に「スローセックスの練習をしてもいい?」と尋ねました。割り切り相手ならあまり気を遣わずセックスできますが、

やっぱり礼儀もありますからね。

 

ちなみに相手はあっさりとOKしてくれたので、

その日から『ゆったりとしたピストン』を心がけたのですが…

これがスローオナニーに負けず劣らずの気持ち良さで、射精時の快楽が長続きするようになりました。

 

スローオナニーに比べると膣が勝手に動くので、ペースの維持は難しいです。

ただ、女性の体温を感じつつの射精はオナニーに比べて出せる量が増えるため、

スローセックスの快楽は激しいセックスよりも長続きすると思いますよ。

 

スローセックスは女性にも意外と好評でして、

私の割り切り相手も「いつもより気持ちいいかも…」と言ってくれて、

それ以降は毎回時間をかけて楽しみます。女性は男性よりも絶頂に時間がかかるし、それが普通の意見かもしれませんね。

 

皆さんもハードなセックスやオナニーはやめて、射精するときはゆったり楽しみましょう。

とあるきっかけにより割り切り相手とスローセックスをしてみたへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ